日本美術の“文化遺伝子”を継承するアーティスト17組を紹介する展覧会を、三菱地所アルティアム・福岡三越「三越ギャラリー」の2会場で特別開催。人気作家から若手まで17組のアーティストによる作品を、古くより息づく日本独自の美意識から紐解き、8つのセクションで紹介します。
※各会場ともに出品作家17組の作品をご覧いただけます。展示作品は会場によって異なります。

「数寄景 / NEW VIEW − 日本を継ぐ, 現代アートのいま」は、阪急うめだ本店 → 福岡三越、三菱地所アルティアム → 日本橋三越本店へ三箇所巡回し終了いたしました。

三菱地所アルティアム [イムズ 8階]
2020年2月1日(土) − 3月8日(日)

※2月29日(土)20時をもちまして終了いたします。
午前10時〜午後8時
休館日: 2月18日(火)・2月19日(水)
入場料: 一般 400円 学生 300円 高校生以下無料、再入場可

福岡三越 9階「三越ギャラリー」
2020年2月26日(水) − 3月8日(日)

午前10時〜午後8時
※最終日は午後5時閉館(ご入館は閉館の30分前まで)
入場料: 一般・学生 500円 高校生以下無料

日本橋三越本店 本館7階 催物会場
2020年3月18日(水) − 3月23日(月)

午前11時〜午後6時30分【午後7時閉場】
※最終日は午後5時30分まで【午後6時閉場】
入場料: 一般 800円 大学・高校生 600円 中学生以下無料

「数寄者」たちが見せる現代の美術とは? 「数寄景 / NEW VIEW」に池田学、チームラボ、宮永愛子ら17作家が参加 | 美術手帖

BACK